ピューリタン革命の勃発から名誉革命体制の成立まで(単位取得)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,217
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    単位を取得済みの合格レポートです。ピューリタン革命とは1641年から1649年にかけてイングランド、スコットランド、アイルランドで起きた内戦及び革命を指し、清教徒革命とも呼ばれる。ピューリタン革命は、広義には1638年の主教戦争から1660年の王政復古までを含む。チャールズ一世と王権神授説に反発した議会が衝突したのを契機に、キリスト教のプロテスタントを中心とする市民運動にまで発展した。王政が廃止されて共和政が成立し、軍事的功績をおさめたクロムウェルが護国卿となったが、護国卿政は5年で破綻し、王政復古となる。その後名誉革命によって立憲君主制が成立し、国王は「君臨すれども統治せず」と言われる存在となった。名誉革命体制の成立までを概観する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ピューリタン革命とは 1641 年から 1649 年にかけてイングランド、スコットランド、アイ
    ルランドで起きた内戦及び革命を指し、清教徒革命とも呼ばれる。ピューリタン革命は、
    広義には 1638 年の主教戦争から 1660 年の王政復古までを含む。チャールズ一世と王権神
    授説に反発した議会が衝突したのを契機に、キリスト教のプロテスタントを中心とする市
    民運動にまで発展した。王政が廃止されて共和政が成立し、軍事的功績をおさめたクロム
    ウェルが護国卿となったが、護国卿政は 5 年で破綻し、王政復古となる。その後名誉革命
    によって立憲君主制が成立し、国王は「君臨すれども統治せず」と言われる存在となった。
    ピューリタン革命はイギリス史において市民革命の一段階として捉えられているが、クロ
    ムウェルの没後すぐに王政復古するなど革命の政治的役割はあまり重視されていない。し
    かし、ピューリタン革命から名誉革命までの一連の流れと変化の過程に於ける社会基盤・
    構造に目を向けることで近代市民社会への道を切り拓く革命という歴史的な位置づけが明
    らかになり、私的所有権と統治という重要なテーマが浮き彫りにされ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。