はしかについて(単位取得)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数251
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    単位を取得済みの合格レポートです。麻疹は感染症法において五類感染症定点把握疾患に区分された代表的な感染症のひとつである。麻疹ウイルスによって起こる感染症で、人から人へ感染する。感染力が非常に強く、感染経路も空気感染、飛沫核感染、接触感染など様々である。予防接種率が低くまた歴史的に大流行をしたことが少ない日本では、近年特別な注意を払うことがなかったが、昨年一部の10~20代の間で流行し、その感染力の強さや症状の危険性などから予防が以前にまして見直されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    麻疹は感染症法において五類感染症定点把握疾患に区分された代表的な感染症のひとつ
    である。麻疹ウイルスによって起こる感染症で、人から人へ感染する。感染力が非常に強
    く、感染経路も空気感染、飛沫核感染、接触感染など様々である。予防接種率が低くまた
    歴史的に大流行をしたことが少ない日本では、近年特別な注意を払うことがなかったが、
    昨年一部の 10~20 代の間で流行し、その感染力の強さや症状の危険性などから予防が以前
    にまして見直されている。
    麻疹の発生原因
    麻疹の病原体である麻疹ウイルスは、は Paramyxovirus 科 Morbillivirus 属に属し、直
    径 100~250nm の一本鎖 RNA ウイルスである。飛沫核の状態で空中を浮遊し、それを吸
    い込むことで感染し、感染後は体内のリンパ節、脾臓、胸腺など全身のリンパ組織を活動
    場所として積極的に増殖する。空気中での生存期間は短いとされるが、体内で特に熱の下
    ではより活性化され増殖する。
    麻疹の症状
    麻疹は一度感染すると 90% 以上の人が発病する。国立感染症研究所感染症情報センター
    ホームページによれば、発病した人が周囲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。