シュルレアリスムとパリ(単位取得)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数236
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート哲学文学歴史社会文化パリ都市単位取得

    代表キーワード

    文学哲学

    資料紹介

    フランスでは中世から文学が発達してきた。フランス文学は、古くから世界文学の一角を支える大きなジャンルとして、洗練された完成度を誇る。自然主義、象徴主義など各時代においてさまざまな新しい文学理念を創造し、実践してきた功績は大きい。他の国の文学と比較した際の特徴は、内容がより社会的であること、常に文学を刷新していこうとする独創性が顕著であることなどが言える。また、その時々の時代性や風俗、社会に蔓延する雰囲気などがよく現れているのも特徴である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
    フランスでは中世から文学が発達してきた。フランス文学は、古くから世界文学の
    一角を支える大きなジャンルとして、洗練された完成度を誇る。自然主義、象徴主義
    など各時代においてさまざまな新しい文学理念を創造し、実践してきた功績は大きい。
    他の国の文学と比較した際の特徴は、内容がより社会的であること、常に文学を刷新
    していこうとする独創性が顕著であることなどが言える。また、その時々の時代性や
    風俗、社会に蔓延する雰囲気などがよく現れているのも特徴である。
    1789 年のフランス革命から 1914 年の第一次世界大戦開戦までの約 120 年を一般的
    には 19 世紀とする1が、本レポート執筆にあたり選択した「シュルレアリスム宣言・
    溶ける魚」は、この区分では 20 世紀に入ったばかりの 1924 年に発表された作品であ
    る。フランスが第一線で経験した二つの世界大戦の間である 1920 年代は、第一次世
    界大戦以前とも、第二次世界大戦終戦後とも異なる独特の文学発展が見られた。
    第一次世界大戦終戦後戦争から解放された人々が享楽に浸ったことから文学的には
    「狂った時代」などと称され、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。