がんと予防(単位取得)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数277
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    単位を取得済みの合格レポートです。がんの一次予防とは、がんになりづらい健康体を維持することを指し、二次予防とはがんの早期発見をすることでより効果の高い処置を施せるようにする予防法である。特にがんをそもそも発生させないようにする一次予防は抗加齢、予防医療といった側面においても非常に重要であり、生活習慣の改善とコントロールが鍵となる。がんの一次予防を促進する上で、がんのメカニズムと経緯を知ることが非常に重要である。二次予防については各器官特有の症状の把握と、年に数度の精密検査の受診が重要と言える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    がんの一次予防とは、がんになりづらい健康体を維持することを指し、二次予防とはが
    んの早期発見をすることでより効果の高い処置を施せるようにする予防法である。特にが
    んをそもそも発生させないようにする一次予防は抗加齢、予防医療といった側面において
    も非常に重要であり、生活習慣の改善とコントロールが鍵となる。がんの一次予防を促進
    する上で、がんのメカニズムと経緯を知ることが非常に重要である。二次予防については
    各器官特有の症状の把握と、年に数度の精密検査の受診が重要と言える。
    がんのメカニズム
    細胞がさまざまな外的あるいは内的な因子によって変化を起こし、制御不能となり自立
    的に増殖するようになった腫瘍の中で、悪性のものをがんと呼ぶ。がんの発生には活性酸
    素が深く関与している。活性酸素は電子が対になっておらずひとつ余分に持っているため、
    体内の他の物質から電子を取り上げてしまう性質があり、これにより物質が酸化し、結果
    関連する各器官の機能低下や虚弱化を招く。
    その遺伝子に異常が生じた場合にがんになる確率が高いと言われているいわゆる「がん
    遺伝子」が人間には 100 程度あり、細胞膜上の脂質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。