オスマン朝の支配体制(単位取得)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数358
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    単位を取得済みの合格レポートです。オスマン朝の君主は支配力が強く、トルコ・モンゴルに見られたハーン、古代ペルシアに見られたパーディシャー、イスラーム的なスルタンを統合したような専制君主であった。オスマン朝は組織の帝国と言われ、君主専制、中央集権制はスルタン支配の時代の確立でもあった 。オスマン朝の組織制度はスレイマン一世の時代にほぼ完成し、古典オスマン体制と呼ばれる皇帝専制・中央集権の国家体制に結実した。オスマン朝は西アジアにあらわれたイスラーム王朝の中で、最も完成されたイスラーム国家、と位置付けられることが多い 。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <強力な専制君主制>
    オスマン朝の君主は支配力が強く、トルコ・モンゴルに見られたハーン、古代ペルシア
    に見られたパーディシャー、イスラーム的なスルタンを統合したような専制君主であった。
    オスマン朝は組織の帝国と言われ、君主専制、中央集権制はスルタン支配の時代の確立で
    もあった
    i。オスマン朝の組織制度はスレイマン一世の時代にほぼ完成し、古典オスマン体
    制と呼ばれる皇帝専制・中央集権の国家体制に結実した。オスマン朝は西アジアにあらわ
    れたイスラーム王朝の中で、最も完成されたイスラーム国家、と位置付けられることが多

    ii 。
    専制君主制におけるオスマンの軍制は、地方に居住し徴税権を委ねられたティマール制
    騎兵と、中央の常備軍団(カプクル)からなり、カプクルの人材はキリスト教徒の子弟を
    徴集するデヴシルメ制度によって供給された。カプクル軍団の最精鋭である常備歩兵軍(イ
    ェニチェリ)は、火器を扱うことから軍事革命の進んだ 16 世紀に重要性が増し、地方・中
    央の常備騎兵(スィパーフ)とともに巨大な常備軍に発展した。登用された人材も豊富で、
    当初はトルコ系あるいはムスリムのガーズィーやウ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。