女性と子供Ⅰ 第二課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数671
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    海の方の子を読んで,女性と子供に注目し、作家と作品について論じる。
    「海の方の子」【薯】山田詠美

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    女性と子供Ⅰ
    第二課題 第一設題
    短編集『晩年の子供』に収録された八編の短編のうち、五番目に置かれた作品が、「海の方の子」である。
     山田詠美文学は、女性作家としては前例のないような露骨な性描写に加えて、ジャーナリズムが、山田詠美をスキャンダラスな女性として話題化しイメージ化させたために、偏見を持って読まれ、誤解を受けやすい。
     黒人男性と日本人女性との性的な肉体描写が際立つ作品のイメージが強く、そのあからさまな性表現は日本人、特に女性のなかでは厳しく排除されてきたものである。
    また、民族差別もいまなお根強く残っている。そのような遅れた日本に現代性に満ちた山田詠美文学は、大胆な性描写を持ち込ん..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。