広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)とはどのような障害か、心理・福祉などに関係しない一般市民にわかるように説明しなさい。(A判定・1975文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数360
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)とはどのような障害か、心理・福祉などに関係しない一般市民にわかるように説明しなさい。
    広汎性発達障害の中心的なタイプは自閉症であり、生まれつきの発達障害で、3 歳以前から特徴的な行動が現れる。総じて、社会性・対人関係の障害や言語・コミュニケーションの障害がみられ、行動や興味が制限され、・こだわりが強い病気である。広汎性発達障害について説明していきたいと思う。
     広汎性発達障害の症状には、一つ目に、社会性・対人関係の障害があげられる。乳児期には視線が合わない、あやしても反応しない、人見知りをしない、母親への後追いがなくは親がいなくても平気など、愛着行動の欠如が認められ、幼児期には模倣行動がみられない、友達に関心を示さず一人遊びが多い、集団行動を嫌がるなどの社会性の問題や対人意識の希薄さがみられる。高機能であっても、仲間関係をつくることができず、クラスのなかで浮いてしまったり、ルールや暗黙の了解が理解できなかったりする。総じて、他者の感情や意図の理解が困難で、周囲の状況や文脈に関連した社会的行動がとれないといった特徴がある。
    二つ目には、言語・コミュ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。