統合失調症とはどのような病気か、専門知識のない一般市民が理解できるように説明しなさい。(A判定・1887文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数510
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉情報社会心理学校自立能力生活統合保健

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    統合失調症とはどのような病気か、専門知識のない一般市民が理解できるように説明しなさい。
    統合失調症いう病は、人によって異なり、症状は多彩である。様々な症状について説明していきたいと思う。
    「自分のことが周囲の人に筒抜けになり、常に人から見張られている」「自分は誰かに操られている」「みんなが自分の悪口を言う。非難中傷されている」という幻聴と妄想は、統合失調症の代表的な症状である。普通の人には見えないものが見えたり、聞こえるはずのない声が聞こえたりするこれらの症状は、統合失調症の急性期に生じることが多く、このほかに、「会話が支離滅裂である」「イライラと落ち着かない」「激しく興奮する」などの症例があげられる。また「何かをさせられている」という感覚になる症状もある。この症状に陥ると、自分で思考し、行動しているはずなのに、すべて他人からやらされているような気持ちになったり、自分の考えではないように感じてしまう。また、顕著な行動例に、突然何か思いだしたかのように笑ったり、その場に関係のない独り言を言ったり、誰もいない方向に向かって喋りだすなどの行動を取ることもある。
    他にも、「根気や集中力が続かな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。