聴覚障害を引き起こす原因と障害の特徴、コミュニケーションを図る方法と配慮すべきことについて述べなさい。(A判定・1934文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数448
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     聴覚障害を引き起こす原因と障害の特徴、コミュニケーションを図る方法と配慮すべきことについて述べなさい。
    聴覚障害になった時期により、遺伝性、先天性、後天性に分類されます。遺伝性難聴は、優性遺伝、劣性遺伝、伴性劣性遺伝が原因で起きる聴覚障害である。先天性は、聴覚組織の奇形や、妊娠中のウイルス・細菌感染などで聴覚系統がおかされたことが原因である聴覚障害である。後天性は、病気、中毒、事故などの外因性が要因である。出産時聴覚が正常でも、周産期の疾患や治療により難聴が発生したり、乳幼児期に難聴が発症し進行する場合もある。成人では、突発性疾患、薬の副作用、頭部外傷、騒音、高齢化などによって聴覚組織に損傷を受けたことが原因で聴覚障害が発生する。
     聴覚障害になった部位により、伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴に分類される。伝音性難聴は、外耳、中耳の障害による難聴である。音が伝わりにくくなっただけなので、補聴器などで音を大きくすれば、比較的よく聞こえるようになる。 治療によって症状が改善される場合もある。感音性難聴は、内耳、聴神経、脳の障害による難聴である。老人性難聴も感音性難聴の一種である。音が歪..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。