発語障害である構音障害、音声障害、流暢性障害についてその症状と支援の在り方についてまとなさい。(A判定・1938文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数705
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発語障害である構音障害、音声障害、流暢性障害についてその症状と支援の在り方についてまとなさい。
    コミュニケーション障害の発話障害には、構音障害、音声障害、流暢性障害があげられる。
    構音障害は、発音が正しくできない症状のことである。構音障害には置換、省略、歪み、付加の4つがあげられる。置換は一定の規則性や予測できる形で正しい音素を別の音素に置き換えてしまう障害である。省略はことばから音が省略され、発話が理解しにくいものになることをいう。歪みは、正しい音から著しく異なる障害である。付加は2つの子音の間に余分な母音が挿入されるなどの構音の誤りである。
    子どもの構音の問題は口蓋裂のような形態的異常により生じることがあるが、音システムの誤った、あるいは不完全な学習に関係することの方が多い。大人になっても子ども時の構音障害が残存していることがある。構音障害は中枢神経システムの損傷によって生じることもある。脳損傷によって、速度の低下したあるいは努力性のディサースリア発話や、発語失行の予測できない構音の誤りや、無言症のような完全な発話の喪失などを生じることもある。
    幅広い構音障害を評価するには、言語聴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。