精神科リハビリテーションの背景にある思想と目的について述べ、その内容について考察しなさい(A判定・1958文字)。

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数471
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    精神科リハビリテーションの背景にある思想と目的について述べ、その内容について考察しなさい。
    リハビリテーションとは、単に運動機能の回復や疾病の解消といった医学的アプローチだけではなく、地域社会における生活を通して生活の質(QOL)の維持向上を支援する活動であり、「全人間的復権」という思想が根底にあるが、歴史的には、戦傷者の職場復帰のために始まり、その後、広くすべての障害者の復権を理念に変化してきた。
    精神科領域でリハビリテーションという言葉が使われ始めたのは、1941年英国における障害者リハビリテーション施策の下であった。当時の精神科医療の分野では医学的リハビリテーションは治療と区別されていなかったため、職業的リハビリテーションに限定された。その後、米国において1960年代から進められた脱施設化施策に伴い,各種の外来治療・リハビリテーションプログラムが開発され,またケアマネジメントの導入など,地域生活を支えるための支援施策の整備も進められた。さらに種々の向精神薬が開発されるようになり、この薬物療法が精神障害者の社会復帰をいっそう容易にしたことも忘れてはならない。このように米国においては..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。