精神障害者の集団援助技術(グループワーク)について述べなさい。(A判定・2449文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数635
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    集団援助技術(グループワーク)の目的・効果、集団援助技術(グループワーク)における援助者の視点・役割、SST(社会適応訓練)の概要、集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術とは、集団に焦点を当て、問題解決のための目的を設定し、援助者がメンバーの相互作用を活用することで、メンバー個人の社会生活能力を回復、強化し、社会生活上の問題解決や成長を図るものである。メンバーの集団行動そのものではなく、援助者がグループの力動を用いて援助する直接援助技術である。精神保健福祉領域で行われる集団援助技術は、病院や診療所などの医療機関に限らず、地域の保健所などの公的機関、また小規模作業所や社会復帰施設内でも取り組みが行われている。対人状況における自己感情の洞察を深め、自分の問題を別の角度から見て、認知の改善を図る。グループを通じて他者から援助され、また逆に援助する役割を担うことで、喜びと自信を強める効果を得る。また、グループのメンバーで、多くの情報を共有することができ、行動範囲が拡大する。そして、生活圏や人間関係の幅を広げることで、生活の質(QOL)が高められる。長期の入院からくるホスピタリズムのため、積極性や主体性が阻害されてしまっている人も多いため、その阻害された能力を再び獲得する。
    集団援助技術の効果として、第一に、他メンバーとプログラム活動などの交流を通じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。