社会福祉計画の特徴と策定における留意点について説明しなさい。(A判定・1535文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数352
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉政策 社会福祉協議会 福祉ガバナンス 地域福祉計画 行政計画 社会計画 ソーシャルワーク 福祉コミュニティ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今日の社会福祉計画では、提供すべきサービスの内容や量の目標を定め、それに必要な資源を調達するという計画的な視点を抜きにしてはその実践が考えられないのが特徴である。わが国において社会福祉の法制度が段階的に発展し、利用者の尊厳の保持、サービスの普遍化、自立支援、利用者と提供者の間の対等な関係という理念を形成してくる過程で、計画化という要素も次第に高まるようになってきた。
    その理由として、第一に、社会福祉の領域の拡大、少子・高齢社会の到来とともにサービスの絶対量がかつての福祉三法段階から比較できないほどに増大しており、これらのサービスや関連する諸資源を効率的に調達したり提供したりする際に、社会福祉政策の計画化の技術が必要とされるようになったことがあげられる。
     第二は、前述したように福祉行政の実施体制と連動して社会福祉協議会による地域福祉の開発が進んでおり、このなかで地域計画策定が市町村レベルでも取り組まれているように、コミュニティーワークにおいて地域福祉計画が有力な方法の一つとなってきたことである。
    第三に、研究や教育の対象として福祉計画の位置づけが徐々に高まってきたことをあげなければな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。