地域医療支援病院について説明しなさい。(A判定・1544文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数173
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    救急医療 特定機能病院 医師会立病院 地域中核病院 独立行政法人国立病院機構 医療法 急性期民間病院 特定療養費 階層型構造 在宅医療

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域医療支援病院とは、地域の他の医療機関を支援することが目的である。紹介患者に対する医療提供、医療機器等の共同利用の実施等を通じて、第一線の地域医療を担う、かかりつけ医、かかりつけ歯科医を支援する能力を備え、地域医療の確保を図る病院として相応しい設備を有する病院として都道府県知事により承認される。
    地域医療支援病院の役割は、①紹介患者に対する医療の提供、②医療機器の共同利用の実施、③救急医療の提供、④地域の医療従事者対する研修の実施である。
    地域医療支援病院に承認される要件は、①紹介外来制を原則とし、紹介患者中心の医療を提供していること(紹介率80%を上回っていること、紹介率が60%を超え、かつ、逆紹介率が30%を超えること、紹介率が40%を超え、かつ逆紹介率が60%を超えること。そして、この3つのどれかを満たすことである)②救急医療を提供する能力を有すること、③建物、設備、機器等を地域の医師等が利用できる体制を確保していること、④地域医療従事者に対する教育を行っていること、⑤原則として200床以上の病床および地域医療支援病院としてふさわしい施設を有することである。
    制度上総合病院とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。