リーダーシップ理論の変遷について述べなさい。(A判定・1596文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数482
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    特性理論 行動理論 条件適合理論 PM理論 配慮行動 課題直結行動 フィードラー理論 タスク志向型 人間関係志向型 バス・ゴール理論 SL理論 規範的意思決定モデル 変革型リーダーシップ カリスマ的リーダーシップ フォロワー サーバントリーダーシップ エンパワメント型リーダーシップ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     一般に辞書の定義を含め、リーダーシップとは、「組織や集団のリーダー・指導者が、積極的に人を引っ張っていく」態度や行為を指す場合が多い。しかし、リーダーシップ理論においては、総じて「与えられた状況で目標達成のため、個人ないし集団に影響を及ぼす」のであれば、そこにはリーダーシップが生じていると考える。
     リーダーシップ理論は、さまざまな現存するリーダーを研究し、リーダーでない人との比較で、共通の資質を明らかにしようとする「特性理論」から始まった。この特性理論の原型は、ウェーバーの支配の三類型のうち、個人の非日常的資質に基づく「カリスマ的支配」に見出すことができる。しかし、「特性理論」の研究からは、「生まれついてのリーダー」の資質について、共通の認識をつくるに至らず、次第にリーダーシップの研究の対象は、リーダーとしての「行動」や「態度」に向かうようになった。
     続いてリーダーシップの理論について説明する。大きく分けて行動理論、条件適合理論がある。行動理論のミシガン大学研究は、高業績をあげている組織とそうでない組織を比較して、リーダーシップを研究したものである。オハイオ大学研究では、リーダー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。