貨幣の3つの機能について(A判定・1989文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数164
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経済社会サービス経済学言葉価値株式商品記録定義

    代表キーワード

    経済

    資料紹介

    物々交換 交換手段 計算単位 価値貯蔵手段 流動性

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人々は、価値を手に入れるために、商品やサービスを受け取るのであるが、この商品やサービスに対しての代価を支払うためのものが貨幣である。取引において貨幣がないとなると、人々は自分の必要とするものを獲得するためには、物々交換に頼らざるをえない。物々交換に依存する経済は、希少な資源を効率よく配分することができない。そうした経済においては、交換のためには欲求の二重の一致が必要だからである。それゆえ、交換を容易にするという点において、貨幣を使うという社会的習慣は、大規模で複雑な社会においてはきわめて有益なのである。
    ここからは、貨幣の定義について述べたいと思う。「億万長者のビル・ゲイツはお金をたくさんもっている」という文章の意味は明らかである。彼は非常に裕福であり、欲しいものはほとんど何でも買うことができる。この文章では、お金という言葉、すなわち貨幣は富を意味している。しかしながら、経済学者は貨幣という言葉をより限定的な意味で使う。経済学者の言葉では、貨幣とは、人々が他の人々から財・サービスを購入するときに通常用いられる、経済における諸資産の集合である。財布のなかの現金は貨幣に含まれる。現金を使え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。