社会科学の研究方法について、分類ごとにまとめ、社会調査の生かし方について述べよ。(A判定・1909文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数214
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験歴史社会倫理文化調査研究科学分析

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    文献研究 実証研究 歴史研究 制度・文化の比較研究 資料分析 学説研究 観察聴取 実験研究 社会統計 統計調査 研究的な調査 実務的な調査

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科学の研究方法は大きく文献研究と実証研究に分けられる。文献研究は「歴史研究」、「制度・文化の比較研究」、「資料分析」、「学説研究」の4つのタイプに分類することができる。また、実証研究は「観察聴取」、「実験研究」、「社会統計」、「統計調査」の4つに分類できる。
    「歴史研究」は、歴史学者が資料を分析して歴史的事実を明らかにするといった研究ではなく、そうした成果としてできあがった歴史のなかから、社会の構造や変化についての理論や法則を見つける研究である。マルクスの社会観や社会理論、マックス・ウェーバーの社会学理論、テンニースの『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』、デュルケームの『分業論』などがこれに当たる。「制度・文化の比較研究」も、既存の社会についての知識から社会を比較して、社会の構造などを解明するのである。三権分立などを説いたモンテスキューの『法の精神』がこれに当たる。狩猟社会・農耕社会・工業社会といった比較、父系社会・母系社会といった家族制度の比較、海洋国家・内陸国家といった比較など、さまざまある。 社会についての社会科学の知見の多くは「歴史研究」「制度・文化の比較研究」によるもので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。