地域福祉推進における住民参加の意義(A判定・2095文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数668
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    エンパワメント 地域ケア ソーシャルサポートネットワーク ソーシャルアクション ローカルガバナンス 福祉教育インフォーマルサポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉推進における住民参加の意義として、地域福祉推進の機能が高まることがあげられる。住民参加によって当事者や住民の生活者論理に基づいた社会福祉の展開が進められるのである。これについて5点に整理し、意義について述べたいと思う。
    意義の1つ目として、当事者をエンパワメントし、地域ケアをすすめる役割があげられる。地域ケアはどのような障害にもかかわらず、住居またはそれに代わる環境のなかで暮らすことを支える方法の一つである。地域ケアへの住民参加は小地域福祉活動におけるふれあい・いきいきサロンや住民の見守り活動や生活支援が代表的な例である。このような活動は、一方的な援助活動ではなく、援助する者、される者という立場を超えた「助け助けられる」という相互関係のなかで、存在承認と安心感を生み出し、当事者の生きる意欲を引き出すのである。また、そのような関係から、その人なりの役割が生み出される。役割の創出は人を元気にさせる源である。また、このような関係は派生的に当事者の仲間活動を生み出したり、当事者組織を地区社協などの小地域福祉組織が支えるという関係が生じる。また、近隣での信頼関係に基づく見守り活動は、結果..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。