介護支援に関わる専門職として、必要とされるリスクマネジメントと特別な配慮が必要な要介護者に対する支援について述べなさい。(A判定・2265文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数371
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リスクマネジメント、リスクコミュニケーション、インフォームド・コオペレーション、ヒューマンエラー、プロフェッショナルエラー、認知症、QOL、終末期ケア、死の三徴候、インフォームド・コンセント、ホスピス、グリーフケア、要介護者と家族、家族介護、老老介護、認認介護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     介護支援に関わる専門職として、必要とされるリスクマネジメントについて説明したいと思う。利用者の権利擁護や苦情対応の一環として情報公開や第三者評価などが整えられ、  2006年介護保険法改正後、予防中心のリスクマネジメント体制構築が責務となった。介護現場には転倒、褥瘡や感染症などの様々なリスクが存在する。リスクマネジメントでは、利用者本位のリスクコミュニケーション、インフォームド・コオペレーションが重要である。契約時、サービスで可能なことと不可能なこと、利用者自身のリスクについて説明を行い、利用者や家族の同意を得ることが大切である。
     リスクマネジメントの目的はリスクアセスメントを行うことで潜在的、顕在的リスクの確認・特定を行うことである。そのプロセスは、①リスクアセスメント(リスク情報の収集・確認・特定)→②リスク対策の立案(回避、保持、軽減、移転、活用)→③リスク対策の実施→④モニタリングと再評価→⑤改善の取り組み、といった過程であり、循環していく。ヒューマンエラーは個人の責任で皆無にはできないが、プロフェッショナルエラーはある程度防げる。そのために多職種が連携協働によるチームケア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。