相談援助におけるアプローチにはどのようなものがあるか説明しなさい。(A判定・1946文字)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,093
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    治療モデル、医療モデル、生活モデル、ストレングス、心理社会的アプローチ、機能的アプローチ、問題解決アプローチ、課題中心アプローチ、危機介入アプローチ、行動変容アプローチ、エンパワメントアプローチ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ここ数年、一人暮らし高齢者の孤独死、児童及び認知症高齢者への虐待といった社会問題が増加している。都市化や核家族化により、伝統的な家庭や地域の相互扶助機能が弱体化するなど地域社会は変容しつつあり、かつて家族や近隣から得られていた支援や生活の知恵も得られにくくなっている。加えて少子高齢化の進行により生活不安やストレスも増大し、さらに経済不況に伴う新卒者の就職難や、中年層などのリストラ問題、ホームレスや家庭内暴力、虐待やひきこもり等が増加するなど、課題は山積している現状にある。こうした多様化する社会問題を背景とする問題を未然に防ぎ、迅速に解決するためには、地域住民や個人が抱えている問題をいち早くキャッチし、問題解決に向けてアプローチしていかなければならない。
    アプローチ
    治療モデルは医療モデルとも呼ばれ、精神医学や精神分析の影響を受け、根拠を重視し、実証主義に裏づけられたモデルである。治療モデルの特徴は、問題を人・個人の内部に存在するものと考え、問題の解決はその問題自体の根治が必要であると考えるところにある。
    生活モデルは、ジャーメインらによって提唱された人間と環境の関係やクライエントの生活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。