【レポート】佛教大学 教育方法学第2設題 A判定

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数632
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度佛教大学通信課程,教育方法学第1設題のA判定レポートです。
    他の方法も探してみましょうとのコメントでした。
    指定テキスト以外の参考文献等は使っていません。 参考までにどうぞ。
    テキスト【『教育の方法と技術』 佛教大学通信教育部】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教師の技術や実践知とはどのようなものであるか、またそれを共有することの意義を整理し、さらに教育技術や実践知を表現する方法や流通させるための方法を考え、具体的に説明せよ。
    授業で勝負する教師
    「教師は授業で勝負する」という言葉をよく聞く。この言葉を残したのは,斉藤喜博である。彼は「授業は結晶点のためにある」とも言い,教材研究の重要性も説いている。このように,教師にとって授業とは,最も重要なものであると言える。したがって,教師の技術とは,授業の技術と捉えることが出来るであろう。
    教師は,子ども達が生きていくのに必要な知識を身に付け,幸福に生きていくことを願って,授業を行うのである。教師は,高度な知識や技能を持つ「知的専門職」という考え方が存在していた。夏目漱石が教師となれたのもこのためである。しかし,細谷[1962]は,教師が有するべき知識として,「教えるべき内容に関しての知識」と「教育を有効に能率的に遂行するために教育者自身が身に付けていなければならない知識や技能」とに分けた。すなわち,ただ高度な知識を有するだけではなく,その知識を伝えるための知識が必要なのである。教師は,「教えるプロ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。