【レポート】佛教大学 教育社会学第1設題 A判定

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数372
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度佛教大学通信課程,教育社会学第1設題のA判定レポートです。テキスト通りで,正確に考察出来ているとのことです。参考文献等使わず,テキストのみです。 参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     「日本は学歴社会である」とかつては言われていた。現在は「学歴社会は崩壊した」と言われている。我々が一般に、「学歴社会」と聞くと、「出身大学の優劣によってのみ評価され、人間性など内面は評価されない社会」というイメージを抱く。そして、いい大学を出ているが、社会で活躍できない新入社員が増え、問題視されるようになり、学歴こそすべてという価値観が崩壊してきたといわれている。また、学歴社会では、親も子どもも学歴のみを追い求め、過剰な受験戦争を引き起こし、子どもたちの心身の健康な成長を阻害し、いじめ・不登校・非行といった問題を生じさせるという見解もある。このように、学歴社会とは望ましい社会ではないという評価を与え続けられている。しかし、学歴社会でなくなれば、全ての問題は解決するのであろうか。では、同様の問題が諸外国でも観察されるのはなぜなのだろうか。学歴社会の発生した経緯、役割、問題点について述べていく。なお、高学歴社会とは、「高学歴者の多い社会」という意味であり、学歴社会とは大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。