【レポート】佛教大学 理科教育法 C判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数446
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度佛教大学通信教育課程,理科教育法ⅡのC判定レポートです。実際の授業案をもっと詳しく,授業の流れを書くようにとの評価を頂きました。 参考文献等使わず,テキストのみです。 参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     (1)子供たちが生活している「地域の自然」を教材化する必要性を2つの観点から解説せよ。
    (2)そのうち1つの観点から、あなたの居住している地域の自然を教材化した事例(授業の展開例)を示せ。
     (1)「地域の自然」を教材化する必要性
      理科教育の大原則は「自然は自然から学ばなければならない」ということである。理科教育とは、子どもが自然に働きかけて、自然からの働き返しとして、様々な情報を受け取り、自然を認識していく過程で、人間形成を行っていく教育である。しかし、現代の子どもたちは、自然に触れて遊ぶことが少なくなっている。理科教育においては、子どもが自然に働きかけて、科学を作り上げていく過程を、教師が手助けすることが重要なのである。
     地域の自然を教材化する必要性について述べる。小学校での教科活動は教科書をもとに行われることが多い。自然を扱う理科においても同様であるが、北海道から沖縄までほぼ同じ素材を使用して行うことは、それぞれ特有の自然が有ることから疑問に思われる。したがって、各地域の自然を理科巨財として使用することが必要である。地域の自然を教材する必要性については、「子供の自然の認識..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。