【レポート】 佛教大学 教育相談の研究 B判定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数181
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    スクールカウンセラーの役割についての記述が必要とのことです。
    参考文献等使わず,テキストのみです。
    参考までにどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校カウンセリングの意義,方法および今後の課題について述べなさい。
    現在の学校教育では「不登校」「いじめ」「非行」など学校不適応が問題になっている。そこで今日,学校教育の現場では学校カウンセリングを行うようになってきている。
    現在の学校において,教師はさまざまな問題を抱えている。今大切な教師の必要な能力として大きく二つの力が考えられる。ひとつは,生徒に教科を指導するということである。日々の授業の中で教師はいかに授業が生徒の学力が上がるかを考え実践している。今日の授業形態は,教師の一方的な指導ではなく,一方的に評価するものでもない。学習指導要領の基本的な考え方は,「生徒にとっての新しい知識は,生徒が自らの既有知識を再構成しながら,自分自身で構成するものである」ということである。つまり教師は,生徒にとって,未知の知識を教えるときに,その未知と関連する生活体験や既有知識を各生徒が的確に思い出して発言できるように励まし(傾聴し)その生活体験や既有知識とを関連付けながら生徒が,新情報の意味を実感的に理解しつつ既有知識を自らが再構成していけるように,教師がヒントを与えたり,教師と生徒間や生徒同士..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。