【レポート】佛教大学 日本国憲法 A判定

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数424
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     法の下の平等について
     日本における平等は、日本国憲法第十四条によって保障されている。日本で生活するわれわれは、この日本国憲法によって差別されることなく生きていくこが可能となっている。しかし、現在のように皆が平等であるという考えが広まったのはつい最近のことである。歴史的に見ても、日本を含めた世界のいたるところで差別は行われてきた。生まれが貴族であるかそうでないか、男性か女性か、裕福か貧しいか、というように様々な理由において差別は行われてきた。今私たちが当然のように享受している平等は先人たちの偉大なる功績のおかげである。
     歴史的に見て,人民の生活は権力との闘いであった。日本でも軍国主義による制圧を受けていた。そこで日本国憲法は,自由権の保障について詳しく述べている。その自由権を大きく3つに分けると,精神の自由,人身の自由,経済活動の自由とに分かれる。ここで述べられる自由は限定されるものではなく,特に重要と考えられているものである。また一般的に,「自由」という言葉を考える時,自らの意思で自らのしたいことをできるということもできる。
     このように国民全員が自由を行使しようとするとき,みな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。