S0532生徒指導・進路指導の研究(初等)解答六問セット

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数345
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年最新版の6題の問題と解答です。全問800字前後にまとめていますので、後は覚えるだけ。最小の努力で合格を!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    参考資料 ミネルヴァ書房「教科外教育の理論と実践Q&A」
    科目最終試験「生徒指導・進路指導の研究(初等)問題と解答
    ⒈教科外教育とは何かについてまとめ、その構造と課題について述べよ。
    教科教育以外の教育活動を一般に教科外教育と呼ぶ。学校においては、生徒指導と特別活動を一くくりにして言われる場合が多い。これらすべて学校教育における「教科」のソトに属するものであり、教科外指導は、「知」以外の「情」、「徳」「体」の部分の育成を意図したものであるといえる。教科外教育は、大きく2つの構造に分類できる。一つは意図的、限定的な活動であり、もう一つは、無意図的,広領域的活動である。前者は、生徒指導、進路指導といった教育活動や特別活動、道徳の時間などがあり、はじめからそれぞれに意図された役割があり、限定された時間がある場合も多い。後者は具体的な活動やカリキュラム上の時間を持つわけではなく、学校内外において教師が児童と関わるすべての無意図的な教育そのものを指す。一般的に教科外教育という場合には、前者のような活動を後者のような意識を持って展開される教育活動を言うことが多い。教科外教育の目標は、「望ましい人間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。