明星大学 教育相談研究1単目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数474
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.いじめや不登校問題などが深刻化する現代社会において、学校教育相談は従来のあり方から脱皮することが求められている学校教育相談とは、カウンセリング・マインドをもって子どもの自己実現を目指して行われる全教育活動のことである。本論ではそのような学校教育相談の新たな役割について以下の四つの点から考察していきたい。
    第一に、減点主義から陽転主義への転換である。教師は「ない」ものから「ある」ものに目を向ける必要がある。例えば成績で悩んでいる子どもに「70点しか取れなかったね。残念だったね」というより「70点も取れたね。次回はもっとできるよ」と言われた方が前向きな思考が育つ。
    次に、ナンバーワンからオンリーワンの価値へ、これまでの価値基準を見直す必要がある。人間とういうのは、多様な個性を持ったかけがえのない存在である。そのような個々の生徒を知識の量のみで比較競争させて評価してきた、これまでの教育のあり方を根本的に見直す時期にきている。高度成長経済が終焉し、いい大学に行けばいい会社に入れて、良き人生が送れるという時代は終わった。このような時代を生きる子どもたちにとって、自分自身の価値を見出し、自分ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。