セット販売 教育行政学 設題①と設題②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数937
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学のレポート、教育行政学の設題①と設題②のセットを525円で販売させて頂きます。
    評価は共にA評価を頂きました。
    共に2011年版の最新設題に沿ったレポートです。
    文字数は設題①が3103字、設題②が3149字です。




    教育基本法の改正について論じなさい

    1.教育基本法とは
     明治以降、日本の教育は、極端な天皇崇拝と軍事主義を育み、教育が国家による民衆統制の手段になっていた。もはやそれは教育ではなく、一部権力者による国民への「教化」であり「洗脳」であった。第二次世界大戦が終わると、戦前のような教育が行われないように、昭和22年教育基本法は、戦後の我が国の教育の基本を確立するために施行された。教育の基本理念、義務教育の無償、教育の機会均等などについて定められており、学校教育法や社会教育法などすべての教育法規の根本法となるものになっている。
    2.改正の理由
    昭和22年に施行された教育基本法の制定から60年以上が経った。その間、教育水準が向上し、生活が豊かになる一方で、都市化や少子高齢化の進展などによって、教育を取り巻く環境は大きく変化した。近年、子どものモラルや学ぶ意欲の低下、家庭や地域の教育力の低下などが指摘されており、若者の雇用問題なども深刻化している。このような中で、教育の根本にさかのぼった改革が求められており、将来に向かって新しい時代の教育の基本理念を明確に示し、より良い教育を実現していくため、教育基本法を改正した。




    教育委員会制度について、戦後地方教育行政改革の原則をふまえて論じなさい

    1.教育委員会制度とは
     我が国の現行法制は、教育に関する事務については、各地方自治体が地域の実情に応じて主体的に処理するという、地方自治体の原則を採用している。これは、戦前の教育行政が中央集権的でかつ一般行政に従属して独自性を失っていたことにより、教育が国家主義、軍事主義に陥っていたことに対する反省に基づいている。この教育の地方自治体を実現するために、戦後教育改革期に採用された制度が教育委員会制度である。教育委員会制度の基本的考えは、地域住民の教育意思を素人の教育委員会を通じて教育行政に反映させるレイマン・コントロールと、教育および教育行政の専門家としての教育長のプロフェッショナル・リーダーを統一して機能させるというところにある。1948年にスタートしたこの制度は、教育行政の地方分権、教育の民統制、教育行政の一般行政からの独立という3つを制度の基本理念としていた。その理念の具体化を図るために次のような仕組みがとられた。①教育を国の事務から地方公共団体の事務に移したこと②教育委員会を合議制の執行機関とし、教育委員を住民による公選としたこと③教育に関する予算や条例の原案を地方議会に送付する権限を教育委員会に認めたことなどである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育基本法の改正について論じなさい
    1.教育基本法とは
     明治以降、日本の教育は、極端な天皇崇拝と軍事主義を育み、教育が国家による民衆統制の手段になっていた。もはやそれは教育ではなく、一部権力者による国民への「教化」であり「洗脳」であった。第二次世界大戦が終わると、戦前のような教育が行われないように、昭和22年教育基本法は、戦後の我が国の教育の基本を確立するために施行された。教育の基本理念、義務教育の無償、教育の機会均等などについて定められており、学校教育法や社会教育法などすべての教育法規の根本法となるものになっている。
    2.改正の理由
    昭和22年に施行された教育基本法の制定から60年以上が経った。その間、教育水準が向上し、生活が豊かになる一方で、都市化や少子高齢化の進展などによって、教育を取り巻く環境は大きく変化した。近年、子どものモラルや学ぶ意欲の低下、家庭や地域の教育力の低下などが指摘されており、若者の雇用問題なども深刻化している。このような中で、教育の根本にさかのぼった改革が求められており、将来に向かって新しい時代の教育の基本理念を明確に示し、より良い教育を実現していくため、教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。