セット販売 教育社会学 設題①と設題②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数343
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学のレポート、教育社会学の設題①と設題②のセットを525円で販売させて頂きます。
    評価は共にA評価を頂きました。
    共に2011年版の最新設題に沿ったレポートです。
    文字数は設題①が3091字、設題②が3011字です。




    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べてください。

     日本で「学歴社会」というものはどういったイメージを持つものなのだろうか。「学歴・経歴でその人を判断する社会」、「有名大学に入学すれば、その後の人生を約束される社会」、「高学歴な人物だけが、良い生活を送ることができる社会」など、高い学力・経歴を持たない人間に対して「冷たい社会」であるといったイメージを持つものであった。人間の内面にある「本来の資質」ではなく、うわべの「勉強ができるかどうか」だけでその人を判断するという価値観が、理不尽かつ非人間的な社会として捉えられてきたのであろう。しかし、このような負のイメージを持った学歴社会がなぜ無くならないのか。これを考えるにあたり、まず「学歴社会」の定義と成立過程を明らかにする。よって、はじめにこの二点について述べていく。




    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べなさい。

    1.はじめに
    今日、学力低下という問題が頻繁に叫ばれるようになってきており、学力問題に関して様々な議論が行われている。昔から学力低下問題はさまざまな形で繰り返し議論されていたが、具体的な国際比較データや時系列的なデータが示されたのと同時に、教育現場で教育に携わる関係者の実感に非常にフィットしたことが、今日、学力低下という問題が頻繁に叫ばれるようになった原因である。では、学力とは何なのか、そして学力低下とは具体的にどのような問題なのだろうか述べていきたい。
    2.学力・学力低下とは
     現在、文部科学省では学力をこのように唱えている。①基礎的・基本的な知識・技能(読み、書き、計算など)、②学ぶ意欲、③思考力・判断力・表現力。そしてこの学力が近年低下しているのである

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて学力の視点から述べてください。
     日本で「学歴社会」というものはどういったイメージを持つものなのだろうか。「学歴・経歴でその人を判断する社会」、「有名大学に入学すれば、その後の人生を約束される社会」、「高学歴な人物だけが、良い生活を送ることができる社会」など、高い学力・経歴を持たない人間に対して「冷たい社会」であるといったイメージを持つものであった。人間の内面にある「本来の資質」ではなく、うわべの「勉強ができるかどうか」だけでその人を判断するという価値観が、理不尽かつ非人間的な社会として捉えられてきたのであろう。しかし、このような負のイメージを持った学歴社会がなぜ無くならないのか。これを考えるにあたり、まず「学歴社会」の定義と成立過程を明らかにする。よって、はじめにこの二点について述べていく。
     「学歴社会」とは、「社会における社会的・職業的地位などの分配の基準として、学歴が重きを占める社会」のことである。この言葉とよく混同される言葉に「高学歴社会」という言葉があるが、これは単に「高学歴者の多い社会で、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。