セット販売 道徳教育の研究 人権(同和)教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数450
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学のレポート、道徳教育の研究と人権(同和)教育のセットを525円で販売させて頂きます。
    評価は共にA評価を頂きました。
    共に2011年版の最新設題に沿ったレポートです。
    文字数は道徳が3261字、人権が3173字です。


    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ

    1.生きる力の育成
     生きる力とは主に3つの能力で構成されおり、1つ目は「確かな学力」2つ目は「豊かな心」3つ目は「健やかな体」である。この3つの能力の調和が非常に大切であるとされている。
    ① 確かな学力の育成
     確かな学力とは基礎的・基本的な知識・技能の習得、知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力、学習意欲が重視されている。
    まず基礎的・基本的な知識・技能の習得で大切なのが発達や学年の段階に応じた指導である。個人差はあるが一般的に、小学年から中学年までは、体験的な理解や具体物を活用した思考や理解、反復学習や繰り返し学習といった「読み・書き・計算」の能力の育成を重視し、中学年から高学年にかけては、体験と理論の往復による概念や方法の獲得や討論・観察・実験による思考や理解を重視するのが有効である。また形式知のみでなく、体験的な活動や音読、暗記・暗唱、反復学習などを通じて暗黙知も大切である。こうした能力を習得させることで学習の基盤を構築していくのである。




    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の意義と学校における同和(人権)教育実践のあり方を具体的に論述すること。

    1. 戦後の同和問題と同和教育
    戦後、日本国憲法が制定され、民主的な平和主義国家のもと個人の尊重が明文化され、法の下において誰もが平等という社会がスタートした。それは当然被差別の人々が差別されなくなるということを意味しているが、実態としては戦前とあまり変わらない状況のまま行政から放置され、社会から排除され続け、差別意識も根強く残っている社会の継続であった。しかし日本国憲法の理念は戦前とはまったく異なるものであり、それが差別に対する闘争運動や、同和問題に対する言及を活発なものにした。当時の政府の同和問題に関する答申では「同和問題の解決は、国の責務であり、同時に国民的課題である」と表明している(1965年)。以下、内容である。
    ① 雇用(就労)を促進し安定した経済基盤の保障
    ② 劣悪な居住環境を改善していくこと
    ③ 「同和地区」の子供たちの教育権を保障すること
    このうち3番目が同和教育に関連したことである。この「教育権を保障すること」の目的とするところは、生徒の長期欠席・不就学問題の解消や学力向上、進路保障、教育の機会均等などといったことへの実現である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ
    1.生きる力の育成
     生きる力とは主に3つの能力で構成されおり、1つ目は「確かな学力」2つ目は「豊かな心」3つ目は「健やかな体」である。この3つの能力の調和が非常に大切であるとされている。
    ① 確かな学力の育成
     確かな学力とは基礎的・基本的な知識・技能の習得、知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力、学習意欲が重視されている。
    まず基礎的・基本的な知識・技能の習得で大切なのが発達や学年の段階に応じた指導である。個人差はあるが一般的に、小学年から中学年までは、体験的な理解や具体物を活用した思考や理解、反復学習や繰り返し学習といった「読み・書き・計算」の能力の育成を重視し、中学年から高学年にかけては、体験と理論の往復による概念や方法の獲得や討論・観察・実験による思考や理解を重視するのが有効である。また形式知のみでなく、体験的な活動や音読、暗記・暗唱、反復学習などを通じて暗黙知も大切である。こうした能力を習得させることで学習の基盤を構築していくのである。
     次に知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。