セット販売 生徒指導・進路指導の研究(初等) 生徒指導・進路指導の研究(中・高)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数598
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学のレポート、生徒指導・進路指導の研究(初等)と生徒指導・進路指導の研究(中・高)のセットを525円で販売させて頂きます。
    評価は共にA評価を頂きました。
    共に、2011年版の最新設題に沿ったレポートです。
    文字数は初等が3512字、中・高が3327字です。



    小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明して下さい。

    1.教育相談とは
     まず教育相談とは何かを説明をしたい。教育相談とは一人ひとりの児童・生徒の教育上の諸問題について、本人や親、教師などにその望ましいありかたにつて助言指導をする事であり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への支援をはかるものである。そして教育相談は大きく3つに分けられておりその一つ一つを説明していきたい。
    ①開発的教育相談
     開発的教育相談の中心は進路指導である。進路指導とは生徒が自らの進路を自己決定できるように助言指導、援助することであり、進路指導の主な担い手は担任教員である。まず担任教員は各教科や総合的な学習の時間、特別活動などで生徒自身に自分の興味や関心、適性を理解させ、進路について関心を持たせることが必要である。次に個人面談などでより深く自分の進路について関心を持たせ助言や援助などを行う。その際生徒によって希望する進路はばらばらなので担任教員はさまざまな情報を持ち、子どもたちに提供できなければならない。その上で生徒自身に自己決定させる必要がある。




    中学・高校における生徒指導の原理は何か、また、その際に留意しなければならないことは何か、説明して下さい。

    1.生徒指導とは
    『一人一人の児童生徒の人格を尊重し、個性の伸長を図りながら、社会的資質や行動力を高めることを目指して行われる教育活動』を意味しているが、そこでは『教育課程の内外において一人一人の児童生徒の健全な成長を促し、児童生徒自ら現在及び将来における自己実現を図っていくための自己指導力の育成を目指す』こととなる。こうした自己実現力の育成のために日々の教育活動においては、①児童生徒に自己存在感を与えること、②共感的な人間関係を育成すること、③自己決定の場を与え自己の可能性の開発を援助すること、に特に留意することが求められている。そしてそうした指導を通じて、児童生徒は、自発性、自主性、自律性、主体性といった資質能力を身に付けることができるようになるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明して下さい。
    1.教育相談とは
     まず教育相談とは何かを説明をしたい。教育相談とは一人ひとりの児童・生徒の教育上の諸問題について、本人や親、教師などにその望ましいありかたにつて助言指導をする事であり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への支援をはかるものである。そして教育相談は大きく3つに分けられておりその一つ一つを説明していきたい。
    ①開発的教育相談
     開発的教育相談の中心は進路指導である。進路指導とは生徒が自らの進路を自己決定できるように助言指導、援助することであり、進路指導の主な担い手は担任教員である。まず担任教員は各教科や総合的な学習の時間、特別活動などで生徒自身に自分の興味や関心、適性を理解させ、進路について関心を持たせることが必要である。次に個人面談などでより深く自分の進路について関心を持たせ助言や援助などを行う。その際生徒によって希望する進路はばらばらなので担任教員はさまざまな情報を持ち、子どもたちに提供できな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。