平和憲法の歪曲について感想

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数955
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    平和憲法歪曲感想

    代表キーワード

    平和憲法

    資料紹介

    粕谷 進 著の平和憲法の歪曲についての感想文。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    まず、この本を書いた粕谷進という人について知らなかったので調べてみた。すると、この本以外にもたくさんの著書があることが分かった。ということは、わかりやすく書いているのだろうなと期待が高まった。
    歪曲という意味も詳しくは知らなかったので、辞書を引いてみた。
    「歪曲」…物をゆがめ、曲げること。事実をわざとゆがめて伝えること。
    と書いてあった。
     それでは、日本で1番知られているのではないかという憲法は事実をゆがめて伝えてられているのか?と疑問はさらに深まってしまった。
     とりあえず、本を読んでいくと、最初から知らないCMの話をされた。小学生のころニュースをそんなに見たりなどしなかったのがここで仇となった。だが、ここでくじけたら始まらないのでなんとか読み切った。この時点で、読むと決めていたノルマは達成したので1度読むのをやめた。
    次の日に読み進めると憲法九条の条文が書いてあった。
     一項「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」
     二項「前項の目的を達するために、陸海..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。