情報処理演習Ⅰ レポート① A判定

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数295
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今度のインターネットの展望について論ぜよ。」
     
    情報化社会となった現代の日常生活において、コンピュータやインターネットは欠かせないものであると言える。ここでは、コンピュータやインターネットの歴史と現状、今後の変化について考察する。
    コンピュータの歴史について
    第1世代コンピュータ(~1958年)真空管を利用していた時代である。1946年、真空管19,000本を使い、重量30トン、床面積450㎡の計算機であった。また、世界初であるENIAC (Electronic Numerical Integrator And Calculator)のコンピュータは軍事用であったが、商業用としての開発がはじまる。
    第2世代コンピュータ(1958~1963年)トランジスタの時代である。ベル研究所で発明されたトランジスタを論理素子に使ったコンピュータは、第1世代のコンピュータと比較すると小型化となる。
    第3世代コンピュータ(1964年~1979年)ICの時代である。トランジスタを多数組み合わせた小型高機能回路IC(Integrated ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。