report(学校教育課程論)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数98
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
     ⇒
     教育課程の語義は、一般的には、学校教育の目的・目標を達成するために、文化的諸領域や人間の経験活動から選択した教育内容を児童・生徒の心身の発達に応じて、授業時数との関連において、各学校が組織・配列した教育内容の全体計画である。また、教育課程は、カリキュラムの訳語として第2次世界大戦後、今日に至るまで使用されている用語であり、多様な意味を包含する用語として使用されているが、一般的に教育をする際、教育目標に基いて配列する教育内容の実践計画である。
     まず、教育課程の基準について述べる。(テキスト 学校教育課程論 3頁)日本は、これまで大きく分けて3回の教育改革を実施してきた。1回目は明治の学制発布に伴う教育改革である。これは、国民に教育を受ける機会を保障することが大きな柱であった。2度目の教育改革は、戦後の義務教育制及び民主主義の発足に伴う改革である。これにより、進学率が大幅に上昇し、教育が大衆化された。これにより、所謂「受験戦争」が過熱することになった。そして、3度目である今回の教育改革が、現行の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。