S0101 教育原論 第二設題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数144
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ
    (1)紳士教育
    ジョン・ロックの教育論は一般に「紳士教育論」と言われ、それは生まれたばかりの子どもの「心の中には生まれながらに刻み付けられた観念や原理は存在しない」というタブラ・ラサ説を土台にして構築された、教育万能主義的な論である。子どもが生まれながらに観念などを持っていないのであれば、成熟した人間の心の有り様はいかにしてもたらされるのか、ということに関する説明でロックは「経験」という一語をもって述べている。さらにロックは経験主義論の代表者らしく「この経験に私たちのいっさいの知識は根底を持ち、この経験からいっさいの知識は究極的に由来する」と言い切っている。教育が万能であるというこの論はまさしく、経験主義者のロックらしい教育観に根ざしている。経験主義者であるがゆえに、ロックの考えた人間の生まれながらに有し得る性質を重視しないという人間観から生じたこの教育観は、字の如く教育が絶対的に万能であるという考えと同時に、「教育さえすれば子どもを立派な人間にすることができるという楽観主義的」な教育への考えも存在せしめている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。