教育社会学 レポート A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,013
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     学歴社会とは、社会における社会的・職業的地位などの分配の基準として学歴が重きを占める社会を意味する言葉である。ここでは、学歴は分配の基準として考えられる。一方、学歴社会とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされる。日本もアメリカやカナダなどと同様高学歴社会の一つである。
    学歴社会と高学歴社会とでは、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    学歴社会とは、社会における社会的・職業的地位などの分配の基準として学歴が重きを占める社会を意味する言葉である。ここでは、学歴は分配の基準として考えられる。一方、学歴社会とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされる。日本もアメリカやカナダなどと同様高学歴社会の一つである。
    学歴社会と高学歴社会とでは、その意味するところが全く異なるがこの2つは密接に関わって教育そして学力に影響を与えている。まず高学歴化について学校教育の拡大という点から考察していくことにする。
    日本の学校教育は明治以降、著しい量的拡大を経験している。1872年の学制頒布をスタートとするならば、約30年後の1905年には、義務教育の就学率は100%に近づいた。このころから中等教育(高等学校)への進学者も増え1950年には半数また1970年代なかごろには90%を越えるまで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。