学校教育課程論 レポート 教育課程とは何かについて 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数463
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育課程とはそれぞれの学校の教育計画であり、各学校の教育目標の設定、指導内容など生徒や学校の実態を考慮しながら編成をしていかなければならないものである。しかし好きなように各学校が編成してよいものではなく各学校の学習指導要領に従ってそこに示された授業時数や総則、各教科、道徳、特別活動を基にしながらまた学習指導要領に逸脱しない範囲で生徒、学校の実態を反映させ創意工夫された編成にしていくことが望ましい。
    次に教育課程の基準と原理について教育課程の基準となる学習指導要領の変化を挙げていきながら考える。
    学習指導要領とは教育課程の基準として文部科学大臣が公示するものである。告示として官報に掲載される。学習指導要領は、どのような教科や活動を、どの学年で、どのように教育するかについての基準的事項を、国の立場から示しているので、学校は、教育課程を編成するに際して、地域や学校の実態、児童・生徒の発達と特性を考慮するとともに、学習指導要領に準拠するよう要求されている。現在公示されているのは小・中・高等学校用と

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。
    教育課程の概念は一般的に、「学校教育の目的や目標を達成するために、教育の内容を児童の心身の発達に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である。」(中学校学習指導要領解説)とされている。教育課程とはそれぞれの学校の教育計画であり、各学校の教育目標の設定、指導内容など生徒や学校の実態を考慮しながら編成をしていかなければならないものである。しかし好きなように各学校が編成してよいものではなく各学校の学習指導要領に従ってそこに示された授業時数や総則、各教科、道徳、特別活動を基にしながらまた学習指導要領に逸脱しない範囲で生徒、学校の実態を反映させ創意工夫された編成にしていくことが望ましい。
    次に教育課程の基準と原理について教育課程の基準となる学習指導要領の変化を挙げていきながら考える。
    学習指導要領とは教育課程の基準として文部科学大臣が公示するものである。告示として官報に掲載される。学習指導要領は、どのような教科や活動を、どの学年で、どのように教育するかについての基準的事項を、国の立場から示してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。