生徒指導、進路指導の研究 中学高校における生徒指導の原理は何か A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数141
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生徒指導の内容としては、人間として一般的、基本的な生活習慣を身につけさせるといった具体的なものから、人としていかに生きるか、どう生きなければならないのか、といった観念的なものまである。また個人の個性を伸ばすことを目的としたものから、社会性や社会適応を重視したもの、また生徒が今直面している問題解決を図るものや長期的な将来を見据えた働きかけまで実に多様な活動である。
    このことからも全ての生徒に対して行われる必要があり生徒指導にあたる教員は深みのある知識、知恵、情報、あるいは技術が必要でそのために学校や個々の教員の一貫性を保ちつつ、相互に連携、協力関係が大切である。
     生徒指導は多様ではあるが、生徒指導の手引きでは基礎となる人間

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学・高校における生徒指導の原理は何か、また、その際に留意しなければならないことは何か、説明せよ
     生徒指導は、教科指導と並ぶ重要な教育機能を持つ活動である。中学や高校の生徒指導といえば問題を起こした、あるいは起こしている生徒への対応が主であるように感じてしまうが、生徒指導の手引きによると、生徒指導は「学校がその教育目標を達成するための重要な機能の一つ」と位地づけた上で青少年の非行に対する対策という消極的な面だけでなく、全生徒の人格のより良い発達を目指した教育活動であるとされている。基本的な考え方としては、学校教育の全般にわたり、すべての生徒のそれぞれの人格のより良き発達を目指すとともに、学校生活が、生徒の一人ひとりにとっても、また学級や学年、更に学校全体といった様々な集団にとっても、有意義にかつ興味深く、充実したものとなるよう指導する営みであるとされている。
    生徒指導の内容としては、人間として一般的、基本的な生活習慣を身につけさせるといった具体的なものから、人としていかに生きるか、どう生きなければならないのか、といった観念的なものまである。また個人の個性を伸ばすことを目的としたものか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。