小児の発育の一般原則と地域(生育環境差)について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,894
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「小児の発育の一般原則と地域(生育環境)差について述べよ。」
     人間の発育は無秩序におこなわれていくものではなく、一般原則がある。それは成長ホルモン、性ホルモンなどといった内分泌系や、情緒、情動、精神活動といった神経系の支配を受けて営まれている。これらの内分泌系や自律神経系には、影響を与えるさまざまな因子が介在している。例えば、温度・湿度、気圧、日照などの自然環境因子や、栄養、社会経済的初因子、精神的ストレスなどが挙げられるだろう。すなわち、人間の発育は周囲の環境が大きな影響をもたらしており、それによって日内変動、季節変動など、個体に固有な発育リズムが内在していると言えるのである。子どもたちの健康や発育、意識や行動パターンは、その時代その地域その国の置かれた状態によって、大きく変わっていくのである。
     以下、発育に対する一般原則を踏まえて、さまざまな環境によって、発育にどのような変化がもたらされていくのか、その差について述べていく。
     まずはこの世に生を受けたばかりの人間である乳児の、言葉の発育について、母親という環境を例に挙げながら、環境が人間の成長・発達に与える基本的な影響について..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。