「福祉と教育」を学ぶことの意義について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数885
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「「福祉と教育」を学ぶことの意義について述べよ。」
    まず、「福祉」と「教育」の意味についてそれぞれ述べていく。「福祉」とは、「しあわせ」や「ゆたかさ」を意味する言葉であり、社会の全ての人が幸福で安定した生活を営むことが目的として考えられている。「教育」とは、文字の通り「教える」「育てる」という意味があり、その目的は「教育基本法」にて「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた、心身共に健康な国民の育成を期して行なわなければならない。」と示されている。
    このように、「福祉」と「教育」にはそれぞれに意味や目的があるが、その内容の中には、さまざまな共通点を挙げていくことができる。以下、両者のさまざまな共通点について順に述べていき、またそれを踏まえたうえで、「福祉」と「教育」を学ぶことの意義について考察していきたい。
    まず、一つめの共通点について述べる。介護者や教育者は、介護の対象となる高齢者や障がい者、教育の対象となる子どもといった相手に対して、思いやりの気持ちをもって接していくのが大切だという点である。
    現代社会では、さまざまな要因が絡み合うこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。