乳幼児における精神保健について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数442
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども発達社会健康幼児精神家族問題人間

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「乳幼児における精神保健について述べよ。」
     まず、第一に「精神保健」とはなにかと言うことについて述べていく。
    「精神保健」とは、「メンタルヘルス」とも言い、人々の健康のうち、主として精神面での健康を対象としている。精神障がいを予防、または治療していき、そのほかにも精神的健康を保持し向上させていくための諸活動のことを指している。
     ここで言う、「精神的に健康である状態」とは、精神的な疾病にかかっていないということはもちろん、個人が社会のなかで、精神的な側面において、良い適応の状態において生活できているということだと考えられる。この場合においての「適応」というのは、単純に、環境に順応していくという意味に加えて、健康な社会生活を営むために自分自身で環境を選択し、また時にはこれに自分自身から働きかけて、積極的により良い環境へと作り替えていくということも含んでいる。
     基本的に、人間の内面的な機能である精神機能は、その対象者自身の個性、性格、特性などによって、それぞれ一人ひとり違っている。そのように多様である精神的機能に働きかけていくため、精神保健の領域は幅広いものだともいえるだろう。人間の精..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。