何故、子どもの活動を総合的活動として5領域から捉えるのか、その意義と問題について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数718
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども保育社会発達健康言葉問題人間自然

    代表キーワード

    環境保育

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「何故、子どもの活動を総合的活動として5領域から捉えるのか、その意義と問題について述べよ。」
     「保育内容」とは、保育園や幼稚園で、子どもたちに対して行なわれる、組織的な保育活動の内容全体を指す。子どもの実態や地域性などのほか、どんな目標のもとどんな活動を組み立てるのか、保育の内容が計画され、実施される。幼稚園の教育は、後々の教育の基礎を培うものとして、心身の発達を助長し、生きる力の基礎を育てることが「幼稚園教育要領」にて目指されている。保育所における保育は、養護・教育を一体的に行なうことを特性とし、現在を最もよく行き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うことが目的とされている。そしてこれらの目標を達成するために、「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」等に、「ねらい」及び「内容」が示されているのである。「ねらい」及び「内容」は、子どもたちが身につけることが望まれるいくつかの視点から、五つの領域に分けてまとめられている。以下、「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」に示されているそれぞれの「領域」と「ねらい」について説明し、保育現場での具体的な活動としての事例を挙げる。
    まず「健康」は、心身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。