保育・教育等の現場における音楽活動がなぜ必要なのかを述べよ。

540 販売中
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,282
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保育・教育等の現場における音楽活動がなぜ必要なのかを述べよ。」
    音楽は人に感動や安らぎを与えてくれる、時には行動力や能率を高めてくれるといった効果があるとされ、また人の感情を表現するのに適切な手段であるとも言える。その歴史は長く、今まで様々な種類の音楽が作られてきた。今日の私達は日常生活の中で、色々な音楽を耳にする機会を多く得ている。
    教育・保育の現場においても、音楽は重要視されている。保育所保育指針では、領域「表現」の内容に「保育士と一緒に歌ったり、手遊びをしたり、リズムに合わせて体を動かしたりして遊ぶ」「音楽に親しみ、歌を歌ったり、簡単なリズム楽器を使ったりする楽しさを味わう」とある。小学校学習指導要領では「基礎的な音楽の能力を育て、音楽表現の楽しさに気付くようにする」とある。保育者・教育者には、そうした音楽に触れていく活動を通じて、子ども達に身の回りにある音楽に気付かせ、自己を表現する機会を作る等といった役割がある。その役割を果たす上で、配慮すべき事を順に述べていく。
     第一に、子ども達の発達段階を捉える事が挙げられる。当然だが、子ども達は年齢によって、身体機能や経験、音楽に対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。
    広告