幼児期、児童期のレクリエーション活動について、その内容や企画・運営について、レクリエーションを指導する上での留意点について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,198
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境日本子ども社会発達スポーツ健康運動幼児児童

    代表キーワード

    環境社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「幼児期、児童期のレクリエーション活動について、その内容や企画・運営について、レクリエーションを指導する上での留意点について述べなさい」
     レクリエーション活動の対象となる人々は、老若男女、全ての人々である。様々である対象者に合わせたレクリエーション支援を行なっていくためには、それぞれのライフステージなどを理解し、またそれぞれの課題について考えていくことが必要だろう。その中でも幼児期・児童期は、ライフステージの第一の段階であり、人の一生の基となっていく段階である。特に、「プレゴールデンエイジ」と呼ばれる5~8歳、「ゴールデンエイジ」と呼ばれる9~12歳は運動習得の黄金期を指しており、運動を頭では完全には理解していなくとも、見よう見まねである程度運動の構造を把握し、上手にできるという、まさに運動を行なうためにある時期だと言っても過言ではない。その様な幼児期・児童期の段階での、レクリエーション活動を行なっていくには、それぞれの発達段階や課題を理解していくことが必要である。レクリエーション活動を行なうには、それらの課題の中でも特に、以下のような点に配慮をしていくべきだと言えるだろう。
    まず、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。