子どもの「不適応行動」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数114
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「子どもの「不適応行動」について」
     人間の生涯において、その欲求が何の障害もなく、全てにおいて充足されることはむしろまれである。現実には、種朱の障害や困難のために、欲求が妨げられてしまうことの方が多い。フラストレーションと呼ばれるこれらの欲求不満に対して、人々は自分を環境からの要請に適合するよう変えたり、また逆に環境を自分に適合させるよう働き掛けたりして適応していく。
     ところが、どんなに努力しても状況を変えられない場合や、これ以上自分が抑えられない場合には、欲求不満がストレスとなる。例えば疲労や苦痛といった肉体的なストレスと同じように、身体に負荷がかかると多量に分泌される、ステロイドホルモンの分泌が起こってくる。それによって、冷や汗が出る、胸がドキドキする、頭やおなかが痛いといった症状をもたらす。このような症状に対し、適切な方法で努力しストレス解消することが求められるが、その方法が不適切であった場合は、欲求不満が解消されず、ステロイドホルモンの分泌は止まらない。やがて体内の免疫性を弱め、ぜんそく、皮膚炎、胃潰瘍といった心身症など、種々の病気にかかりやすくなる。
    特に子どもは、人生の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。