「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数139
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について。」 日本の少子化は、1955年頃に始まっていったと考えることができる。戦前には、1世帯平均5人の子どもがいたが、1955年以降3人を下回り、合計特殊出生率は2001年には1,33人となって、人口を維持するのに必要な2,08人を大幅に下回っている状況が続いている。急速に少子化が進んできた要因として、以下のようなことが考えられる。 まず、晩婚化が挙げられる。女性の社会進出に伴って、専業主婦よりも安定した職業に就きたいという希望者が増加してきているのである。その結果、1955年の平均初婚年齢は、男子26,6歳、女子23,8歳であったが、平成12年には男子28,8歳、女子27,0歳となった。晩婚化は20代で子どもを産む女性の減少をもたらし、出産するタイミングの遅れにつながるため、全体の出生率に大きく響くことになる。 次に、非婚率の上昇が挙げられる。将来的に婚姻関係や子育てに拘束されるよりも、一人の人間としての社会的自立を思考するという考え方が増えているのである。「一生結婚するつもりはない」としている男女も増加しているが「理想的な相手が見つかるまで結..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。