幼児の生き生きとした造形活動を促す、導入時の「言葉かけ」「環境設定」のあり方について述べよ。実際に制作し、させた経験、身の回りで見聞きした子どもの事例をあげながら述べること。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数588
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども保育発達幼児言葉活動保育者自然表現

    代表キーワード

    保育

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「幼児の生き生きとした造形活動を促す、導入時の「言葉かけ」「環境設定」のあり方について述べよ。実際に制作し、させた経験、身の回りで見聞きした子どもの事例をあげながら述べること。」
     生き生きとした幼児の造形活動とは、幼児が自分なりに工夫してイメージを広げていく事のできるものである。例えば既製品の玩具で遊んでいる時は、最初は楽しそうだが時間が経つにつれ型にはまり、飽きてしまった様子が多く伺える。しかし逆に、容易に形状が変わる砂や泥等で遊んでいる際、子どもは満足した表情で夢中になって遊び続ける。
    この様な生き生きとした表現活動を通して満足を得る事が、幼児にとって幸福な時間だと言える。日頃からの幼児との関わりが大きい保育者は、子ども自身の欲求を理解して、かつ子どもにとってよい影響となるよう、幼児の生き生きとした表現活動を促す行動を心がける必要がある。そのためには、幼児がこれから造形表現に取り組むという段階で、動機付けをする「導入」での、保育者の「言葉かけ」や「環境設定」が大切となってくる。以下、造形活動を行なう際に、保育者が重要視しなければならない「言葉かけ」と「環境設定」について述べていく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。