アメリカの文化と言語

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数468
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「8章「Martin Luther King,Jr.」について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ。」
     1950年代アメリカにて、黒人を中心に始められた人種差別撤廃運動が盛んに行われた。この運動を公民権運動という。「人種のるつぼ」の表現通り、多様な民族が混在して暮らしているアメリカには、そういった問題に対する運動も行なわれていた。公民権運動を指導し、アメリカを変えていくきっかけになった一人が、Martin Luther King,Jr.である。
    まず、『Twenty American Heroes』の第8章「Martin Luther King,Jr.」の要約を述べる。キング牧師は、ジョージア州の首都であるアトランタで産まれた。高校を15歳で卒業して、モアハウス大学で文学士、ボストン大学で博士号を得る。祖父と父はバプティスト派の牧師であり、自身も医師か法律家か最初悩みながらも、牧師の道へ進むことを選択する。大学院にいた時に出会った、コレッタ・スコットと結婚した。ボストン大学に在学中、イギリスから非暴力抗議によりインドを解放した、モハンダス・ガンジーの賞賛者となる。彼はのちに人種..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。