仏教大学【教職通信】 A評価 教育法方法学 設題1 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数158
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【評価】A 【添削コメント】各教科の基本的な学力が習得されるための方法を考えてください。【レポート作成に当たって】教採試験用のテキスト、事例集などを参考に記述。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 【OECDが行っている生徒の学習到達度調査(PISA)で求められている能力を高める授業と評価の方法について、教えることを中心とした場合と、学習することを中心とした場合の設計手続きの違いを踏まえ、それぞれの場合における学習指導設計および評価方法を提案しなさい。】
     最近のOECDの学習到達度調査(PISA)では子ども達の読解力、知識の活用力、生活習慣などに課題があることが指摘されている。「勉強は大切だと思うが好きではない」「数学の勉強を楽しいと感じていない」子どもたちが増えてきている。特に直近のデータからは読解力に続き科学的リテラシーも順位を下げてしまっている現状が指摘されている。
    OECDの学習到達度調査(PISA)では、それぞれの領域で思考のプロセスを下記に分けて測定している。
    ・読解力:「情報の取り出し」「テキストの解釈」「熟考、評価」
    ・科学的リテラシー:「科学現象の描写、説明、予測」「科学的調査の理
    解」「科学的根拠と結論の解釈」
    ・数学的リテラシー:「再現クラスター」「関連付けクラスター」「熟考ク
    ラスター」
    これらの能力を育むためには各教科において「体験から感じ取..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。