仏教大学【教職通信】 A評価 教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数83
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【評価】A 【添削コメント】教師からとスクールカウンセラーからと双方向についてよく理解しまとめられています。【レポート作成に当たって】大学指定テキスト、教採試験用のテキスト、事例集などを参考に記述。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題【学校カウンセリングの意義、方法及び今後の課題について述べなさい。】
    ◆学校カウンセリング
    学校カウンセリングとは、単に「学校の中で行われるカウンセリング」ということでなく、これまでのカウンセリングの枠を超える新しい世界がそこには広がっていると考えられる。
    学校カウンセリングを実践するに当たっては、教師はもちろんスクールカウンセラーが個々の子どもたちの実情に即して行う必要がある。
    ◆学校カウンセリングの意義
     教師は学級担任として、学級経営や教科指導など様々な指導、統制を行っていく。その中で子どもたちの評価をつけていく。しかし、今日の教育が、単に生徒に勉強を教えるだけで済むという訳には行かない。教師自身が何らかの生徒との関わりをつくり、理解を深めることなしには教えること、授業そのものが成り立たなくなっている。教師はカウンセラーとして子どもたちの悩みや相談を聞き、受容し共感することを通して、問題の解決を図るということを行っていかないといけない。子どもの立場からも、学校で悩みを共感し、一緒に解決策を考える学校カウンセリングの存在は、全人的な成長を助長するための安心感に繋がる。
     
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。